不動産 三井 住友 野村 賃貸 仲介

不動産 不動産投資

不動産 賃貸か購入かその2

「資産価値の維持」

 「マンションは管理を買うことができる」と言うのはもう古い言葉のようですが、重要な財産になる居住地の資産価値を維持するためには管理の良さと良くないことは大きく影響を与えます。

マンション生活は一戸建ての生活とは違って一つの建物中での共同生活です。

複数の持ち主がエレベーターや駐輪場を共有し、掃除業務や補修点検業務等も存在します。

マンションの快適な居住性を維持して、その資産価値の維持のためには、定期点検や長期修繕計画等が必要です。

そのためマンション購入後には維持管理費が発生します。


1.管理費と言うのは?

分譲マンションにおいて持ち主が管理組合に対して毎月納めるお金,マンションを維持するための必要経費です。

共有部分の水道光熱費や掃除費やエレベーター等の定期点検費用になって、管理会社に支払う管理手数料や運営費用等の経費に充当されます。

2.修繕積立金とは?

管理組合がマンションを長期間維持して保全するため定期的な修繕を計画して、その計画を実施するために持ち主から毎月取り立てて積立して行くお金。

将来の大規模修繕に備えたマンション持ち主全員の貯金のようなのです。


これらがマンションの資産価値の維持管理には欠かすことができないです。

マンション購入にはローンの支払い以外にもこのようなランニングコストが発生します。

現物不動産投資を目的にマンション購入をする時にも、賃貸収入に調逹しなければならないローン支払い分にプラスして管理費・修繕積立金も充分に考慮しなければできないだろう。

女性において居住地の選択は快適さを要求しながら将来を見極めながらの難しくも希望があるのです。

賃貸・購入、不動産投資···女性においても不動産に対する考えは、多様化の時代です。

住宅をずっと借りるのか、購入するかは“永遠の命題”とも言う位、賃貸・購入におけるメリット、デメリットは数え始めれば限界ないです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27640694

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。