不動産 三井 住友 野村 賃貸 仲介

不動産 不動産投資

不動産 賃貸か購入か

不動産をずっと借りるのか、購入するかは“永遠の命題”とも言う位、
賃貸・購入におけるメリット,デメリットは数え始めれば限界ないです.

一般的に賃貸のメリットと言えば、ライフスタイルや気持ちに合わせて引っ越すことができる軽々しさ。

数10年だという長いローンがない身軽さ。

また都心の一部を除いて地代がずっと下がっている今は、同じ家賃でもより広い所に引っ越してできるチャンスが広がっています。

その反対にデメリットは分譲に比べて設備がおくれる。

と言って、家賃をずっと支払っていても資産にして残ることがない将来の住居確保の不安等を与えることができます。

購入のメリットは、老後生活や、自分の居場所の確保と言う精神的な安定を得ることができること。

低い金利で長期固定のローンが組めることで成果将来的な住居費を確定させることができます。

デメリットは税金や修繕等のランニングコストがかかってライフスタイルの変化に対応するのが難しいこと。

周辺環境が悪くなった場合や上の階の騷音が気になっても気軽に引っ越すことができないことなどをあげることができます。

現物不動産投資というワンルームマンション等を購入して、自分自身がオーナーになって賃貸経営を実施して家賃収入を得る方法があります。

例えば自分自身が将来のために購入したマンションに転勤や結婚等を理由で暮すことができなくなった時に売らないで賃貸することを思うことができます。

不動産投資を視野に入れることで居住地の選択の幅が広くなる可能性は大きいと思います。

購入を思う人は、いつかは貸してくれるかも知れない可能性も考慮したいのです。

借り手が手早く長期的につくためにも資産価値の高いマンションを選択したいのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。